2016年02月29日

セブンイレブン「桃レアチーズ大福」

セブンイレブン「桃レアチーズ大福」

昨日のおやつです。
新商品というので買ってみた。

薄いピンク?の大福です。
さていただきます。

相変わらずセブンの大福は生地がとろんとろん。
気温が暖かいせいか、容器にへばついてしまっています…

中身はチーズ風味のムースです。
食べてから気づいたが、チーズ部分は以前食べた苺のレアチーズ大福とほぼ一緒なんじゃ…
マスカルポーネチーズみたいな、酸味が少なくまったりした感じです。
(実際の材料はクリームチーズと生クリームだそうです)
口当たりはふんわりまろやかです。
生地もとろーん、チーズもふんわりなので、全体的に優しい印象ですね。

桃は黄桃のシロップ漬けを細かくしたものが入っていました。
チーズも甘め、桃もあまーい。
個人的にはレアチーズっていうと、もっと酸味があって爽やかな方が好きだなぁ。

まぁでも春のうららかな陽気には合いそうなほんわかした雰囲気で、
それは季節感があっていいなぁと思いました。

暖かいと生地がべたつくし、
冷やしすぎるとカチカチになりそうなので、
ちょっとだけ冷やして食べるといいかも。

豆大福も気になるのだが、また今度。
ごちそうさまでした、ありがとう~

posted by Amago at 10:19| Comment(0) | 食(コンビニ) | 更新情報をチェックする

セブンイレブン「エッグベネディクト」「キャラメルまん」

セブンイレブン「エッグベネディクト」「キャラメルまん」

昨日のお昼。
天気がいいのでピクニック。
思い付きなので途中でお昼を買いました。

「エッグベネディクト」
この商品自体は前からあるはずですが、
あんまり見たことが無かったので買ってみました。

エッグベネディクトって一時期テレビでやたら取り上げられていたような気がしますが、
まだ食べたことがないです。
たしかイングリッシュマフィンに半熟卵が乗ってて、
上からとろーり黄色だかオレンジ色だかのソースがかかっていたような。

温めてもらってから一時間以上経っていたけど、まだほんのり温かい。
開けてみると、
イングリッシュマフィンを横切りにしたものに
分厚いハムみたいなもの(ボロニアソーセージらしい)、ポーチドエッグ、ソースが挟まれています。
さていただきます。

まずは卵無しで。
ソースが特徴的ですね。
バターかマーガリンみたいな香りがします。
口当たりはとろとろのマヨネーズに似ていますが、
酸味がないのが違います。
なんだろな、マヨネーズにマーガリンと卵黄を足してお酢を除いたような味ですかね。
(正確には、マヨネーズはお酢(水)と卵黄(油)を混ぜて乳化させているはずなので、
お酢の代わりに乳化作用のある水様の何かを使っているのかな?)
かすかに後からコショウのような風味もします。

材料によるとオランデーズソースというらしい。
白ワインとかあったけど、ワインの香りは分かりません。

このソース、イングリッシュマフィン生地に吸われてしっとりしているところが美味しいです。

ちなみにマフィン生地は噛みごたえがあり、もっちりしています。
外側のつぶつぶが香ばしい。
トーストしたらもっと美味しくなりそう。

ソーセージはけっこう分厚いです。本当にハムみたい。
食べごたえがありますね。
でも油っぽくなくてあっさりしているのでこのソースには合うと思います。

卵を食べてみます。
黄身の部分がとろーり…
味が全面的に卵になった。

しかしこの卵の黄身、固さが絶妙ですね。
半熟のとろーり感はありながら、
とろんとろん過ぎてべしょべしょになって収集がつかないほどではない。
ナイフを入れたらとろーんと黄身が出てくる、あの見た目にも美味しそうなテレビのイメージそのままです。
まあ個人的にはもうちょっとドロっと固めでもいいけど。

さてこのとろり黄身が
オランデーズソースのバターみたいな香りとプラスされて、
こってり感倍増です。
もう少しコショウが効いている方がすきっとするかもしれない。
あと、ソーセージよりもカリカリベーコンの方が良かったかな。

でも全体的に卵が絶妙、ソースの香りが良く、マフィンも香ばしくて良かったです。
見た目よりお腹に来ました。マフィンってもっと軽いのかと思ってた。


さて次。
「キャラメルまん」
これも前々から気になっていたものの、なかなか出会えずにいました。

キャラメル色の生地ですね。
さていただきます。

まずは生地から。
味はキャラメルでは無さそうです。
でもこの生地、もちもちでもなく、ふわっともしていない。
むっちりという感じで蒸しパンに近い気がします。

キャラメルクリームも食べます。
あまーい。
けど美味しい。
口当たりはクリームパンのクリームに似ています。
もっと固いクリームかと思っていたけど、ほどよく柔らかでなめらか。

味は甘いんだけどくどすぎず、歯止めのある甘さ、と言いましょうか。
苦味の手前の香ばしさもちょうどよく、甘さに深みを与えています。

ホームページによると
「バターと岩塩を使用し、甘味と塩気のバランスが良い」
のだそう。
そうか、この歯止めのあるほどよい甘みは塩のおかげなのですね。
香りのよさとこくもバターのせいだったのか。

生地にもこだわりがあるらしいです。
あんまんの生地ってモソモソしてあんまり好きではないのですが、
たしかにこの生地には適度な弾力があり、キャラメルクリームには合う。
生地自体が甘くないのもクリームの良さを際立たせています。
中華まん、と言いながら、新しい菓子パンのようなスイーツになっています。
大きさもちょうどよかった。

というわけで大満足でした。


ちなみに今更ですが、
エッグベネディクト、オランデーズソース、ボロニアソーセージ、イングリッシュマフィンがそれぞれよくわからないのでちょっと調べました。

エッグベネディクトは色々サイトを見てみましたが、
イングリッシュマフィンとベーコンとかスモークサーモンなどにポーチドエッグをのせ、
オランデーズソースをかけた料理。
肉のところはベーコンかハムかスモークサーモンか好みがあるけど、
イングリッシュマフィン、ポーチドエッグ、オランデーズソースは必需品のようだ。
朝食にされたりするようです。

この料理、普通にカフェで出されたら、半熟卵が悩ましい存在のようです。
たしかに食べにくそうだ。
切ったら中身がダラダラお皿に流れるから、あんまりきれいじゃないかも。
フォークとか使ってパンで拭きながら食べるといいみたいですね。
忙しいニューヨーカーが朝食にするくらいだから、
慣れればいいのだろうけど。

発祥は諸説あるらしいが、
要するに発案者の名前がベネディクトさん(説により数人いる)のと、
発祥の地はニューヨーク、
100年くらい前にできた
というのは共通しているようだ。
日本では2013年上陸して、話題になったようですが、
100年も前から存在していたとは知らなかった。

ちなみになんで日本で最近になって流行ってたんだろう?
と思ってたんですが
パンケーキブームと同じく、
お洒落な朝食、
というところにあるようだ。
と分析しているサイトがありました。
http://senkintan.com/post-967/
SNSとかblogに
「これ食べました。美味しかった♪」
とかアップするには、ビジュアル的に良いのだそう。
たしかに見た目にはお洒落ですね。
100年前からある食べ物が、
SNSなどの技術の進展により注目されるというのも面白いですね。
流行って、味がどうとかいう以外にそんな要素もあるのね。

それからこのエッグベネディクトでポイントとなるオランデーズソースですが、
レモン汁などでバターと卵黄を乳化させ、
カイエンヌペパーなどで味を整えたもの、らしいです。
マヨネーズはお酢で卵黄を乳化させているので、作り方はほぼ同じですね。
(分離せず混ざりまで泡立て器でシャコシャコ混ぜる)

家でも作れそうですね。
サラダにかけるとか、
スモークサーモンにかける
などの食べ方もできるらしい。
我が家では「くどい」と一蹴されそうな味だが…


それから、イングリッシュマフィンについて。
これは不思議なものでした。
私のイメージの原点はマクドの朝マックですかね。
といってもほとんど食べたことがない。
どうやって作るんだろう?と思っていました。

強力粉をイーストで発酵させている、
という点ではあまり普通の食パンとは変わらないようだ。

特徴的なのは、
セルクル型にいれて重しを付けていること。
これによりきれいな丸い形になるのと、ずっしり密度があるパンになる。
あと外側にコーンミールを付けているので独特の風味がある。
それからあまり焼き色を付けないように弱火で仕上げてあり、
食べる直前にトーストして食べることで香ばしさを出すようにしていること、
らしいです。

私のイメージではもっと軽めのパンかと思っていましたが、
もっちりずっしりなのですね。
あっさりしているけど腹持ちは良いので、朝御飯にはちょうど良いのかな。


それからボロニアソーセージについて。
平たく言うと太いソーセージらしいです。
http://www.rcc.ricoh-japan.co.jp/rcc/breaktime/untiku/130625.html

もともとは
ウインナーは羊、
フランクフルトは豚、
ボロニアは牛の腸に詰めたもの、
という違いみたいですが、
JASの分類では太さみたいです。
http://karagochi.lin.gr.jp/atama/tk003.htm

ウインナー、フランクフルト、ボロニアの順に太いという定義なのだそうな。

ハムとは何が違うか?
ハムは肉の塊をスモークさせたもの(ひき肉の練り物が混ざっている場合もある)
ソーセージはひき肉の練りもの
という違いらしいです。


…エッグベネディクトだけで色々勉強になった。


昨日はお天気もよく、お腹も大満足でした。
ごちそうさま、ありがとう~





posted by Amago at 09:30| Comment(0) | 食(コンビニ) | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

マクド「マックシェイクはちみつレモン」

マクド「マックシェイクはちみつレモン」
今日はおやつでマクドに行きました。
名前募集バーガーが決定して手書きしてあるのが微笑ましいですね。
今日は新商品のシェイクを頼んでみました。

はちみつレモンって昔流行ってましたね。
はーちみつレモン♪
と言っても、流行ってた頃に飲んだ記憶はあまりないのだけど。
どんな味だったっけ?

さていただきます。
味がどうとか言う前に、シェイクは飲み慣れていないので、まずストローで吸い込むのが大変。
下手したら酸欠になりそう…

味は甘い。
でもシェイクってこんなもん?
冷たいからそんなに気にならないかな。
後から時間差でレモンの爽やかな風味が来る感じです。
でも酸味は弱くて甘みが強い気がする。
そういえば流行ってた当時も、
はちみつレモンってレモンのくせに甘いなぁと思ってた記憶がよみがえってきた。

そうそう、はちみつレモンってこんな味だったかも…と思っていたのだが、
だんだん、なんか当時のはちみつレモンとは違う後味が…

なんだろな、申し訳ないんですが
洗剤のような芳香剤(キンモクセイ系の)のような、
人工的な香りがかすかに後に残るのが気になった。
レモンの爽やかさは良いのだけど。
どうしても洗剤のイメージが拭えず…
というわけでリピートは無さそうです。

後で調べたら、瀬戸内レモンを皮ごとしぼったこだわりの品だそうです。
はちみつも国産なんだとか。

しかもこのシェイク、
マクドが立ち上げたスイーツの新ブランド
「マックスイーツ」
の第一弾商品なんだそうです。
スイーツブランドを立ち上げた意図や目指すものはいまいちわからないのですが
(コンセプトは「365日をスイートに」らしいのだが、
既に毎日スイーツメニューが提供されている現状から何が新しくなるのかよく分からない…)
まあとにかく気合いは入った商品であることは間違いなさそうだ。

その辺はのぼりやトレーの紙には書いてなかったような。
もっとこだわりとか詳しく宣伝したら良いのに…
(私の飲む時のイメージも変わったかもしれない)
まぁでもたしかに、レモンの風味は爽やかで良かったですよ。

ちなみに後から調べたら、
はちみつレモンが流行っていたのは1989年前後らしいです。
バブルの頃ですかね。
そう言われればCMもイケイケな感じだったかも。
鉄骨娘なんてのもありましたね~、たしか。

なんか昔を思い出した商品でした。

個人的には後味がどうにもダメなのでリピートは無さそうだけど、
何事も試してみないと分かりませんしね。
スイーツブランドなるものの第二弾以降に期待してみます。

というわけで今日もごちそうさまでした。ありがとう~




posted by Amago at 22:13| Comment(0) | 食(ファストフード) | 更新情報をチェックする