2017年08月12日

専業主婦もバケーションが欲しい…

専業主婦もバケーションが欲しい…

最近ブログをサボってました。
理由は、単に書きたくなかったからです。。

ネタが無いわけではなく
とにかく書く行為をしたくなかった。
なんか疲れていました。
首や目は痛いし、暑いし、子供家にいるから時間も取れないし…
(夏休み期間はスマホで書いてるからなおさら書きにくい)

ブログの書き方は人それぞれでしょうが、
私はけっこう書くとき自分を入れる方なので、
苦痛のまま書くのは嫌でした。

ブログ書かないとどうなるんかなぁと思ったけど、
一応調べたら
http://www.costcogogo.com/entry/10daysnoblog
の方の話によれば
10日休もうが1ヶ月休もうが、
過去記事ストックさえあれば大して影響ないらしい。
(ちなみに私も過去パソコン壊れてしばらく書いてなかったけど、
アクセスは大して影響なかった)
ちょっと書かずに罪悪感を感じて、やめちゃう人も多いんだそうです。

でもまぁ私の場合、
もともとアクセス数気にしてないし、
お金をもらってるわけでも仕事でもないし、
自己満足で書いたやつが人の役に立てればいいかなくらいの気持ちなので、
まぁいいか~と思ってお休みしてました。

加えて、ぼーっと見てたネットニュースに
フランス人のバケーションの記事があり
さらにやる気を無くしました(笑)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170810-00183631-toyo-bus_all

なんですけど、フランス人と日本人の休暇の取り方の違い、が書いてありました。

フランスは長い休み
(いわゆるバケーションてやつか?)
を取るのが当たり前らしい。

まぁ、私も長い休みを欧米の人は取るというイメージはあったんだけど
それはエグゼクティブクラスの人だけなんかなと思っていました。
そうではなかったのね。

フランスでは、9月の学校開始に合わせて、子供の休暇に合わせて8月に休む人が多く
独身でも強制的に休ませる企業が多いようです。
3週間くらいは仕事しないみたいですね。

それで何するかと言えば、
長期旅行に出掛けたり、
お金がなければ近くの田舎の面白い宿屋に行ったり…
そして、その旅行なども
観光地や名所などには全く行かず、
何もせずにビーチに寝そべって本を読んだりぼーっと過ごす、てのも珍しくないらしい。

もしくは、行き当たりばったりでキャンピングカーに乗り、
その日の気分でたどり着いたところで眠る、とか…

日本に来るにしても
忙しい観光地巡りなんかしたくないらしく
地元のその辺の道をブラブラ散歩するだけで満足、
むしろ日常的な生活を楽しみたいのだそうです。

(この記事の筆者は、
その辺日本の観光業者は分かってない、と嘆いておられる。
日本は数日で名所全てを回るツアー、とかを考えがちだが
長期間低価格でのんびり滞在プラン、
日常の日本を味わえるツアーがほとんどないとか)

フランス人の休暇の過ごし方は、
日本人からしたら
何もしないなんて勿体ない…
と思うかもしれない。

しかし彼らにとったら、仕事や日常を離れて、
タイムスケジュールもなく気ままに過ごす、
てことをしていく中でリフレッシュするのだそうだ。

そして、3週間もそんな生活をして
そろそろ休むの飽きたなー、
仕事しよっかー、
てなって仕事に戻る、
というスタイルなのだそうだ。

なるほど。
それも一理あるよなぁ。
なんであんな休んでるんだ、
と思ってたけど
逆に羨ましくなりました。
「休むの飽きたー」
とか言ってみたい。
だって旅行てことは主婦業もしなくていいんだよね。
家族が休みでも、主婦は365日休みはありません(涙)
専業主婦は毎日休んでる、という意見もあるが
このメリハリのなさはとても疲れる。

ちなみに他の国はどうなのよ?
と思ったんですが

http://idegene.com/mktg/summer-vacation-in-europe-and-americas

によりますと
欧州は有休が30日くらい、と法律で決まっているのだそうだ。
ただ国により休みの取り方は多少差があるそうで
連続休暇については
イギリスは好きなときに調整しつつ2週間くらい
ドイツは3週間くらい、フランスは1ヶ月くらい
バカンスをとる例が多いようです。
フランスに至っては、7月~9月に会議を入れたら怒られるとか(笑)

一方アメリカは法律で決まってないので企業、個人でそれぞれみたいで
長く休みをとる人もいれば、
ワーカホリックで休みなしで働く人もいるみたいです。
そういう人は、仕事が趣味の延長みたいなもんなんですかね。

カナダは1週間くらいらしいですが
もともとそんなに仕事を頑張るわけでも無さそうです。

なんで日本は長期休暇が浸透しないのかなぁ。
長く休んでも、やることないと落ち着かない国民性なのかなぁ…
と思ったのですが

https://www.madameriri.com/2015/02/28/%E3%81%AA%E3%81%9C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%AF%E8%AA%B0%E3%82%82%E3%81%8C%E3%83%90%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%92%E3%81%BB%E3%81%97%E3%81%8C%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%AE/

によれば、もちろん
「休んだらみんなに悪い」
とか、
「仕事が進んでないのに休みづらい」
とかいう精神的な問題もあるけど
一番の理由は
「祝日が多すぎる」
ことらしいです。

そういえば先に紹介したフランス人の方の記事でも
「実は年間の休む日数はフランスよりも日本の方が多い」
みたいなことが書かれていたんですが
日本はちょこちょこ休みをとるので、
何となく休んだ気になっちゃうらしい。

あと、もともと祝日が多いので、
これにさらに長期休暇まで取っていたら
仕事がたまってみんなに迷惑になるし
自分も休み明けに仕事を片付けなきゃならない、
という問題があるみたいです。

たしかに私もあんまり日帰りで遠出すると、
帰ってきたときにたまっている洗濯物のことを考えるのが憂鬱。
一人で気晴らし、とかいって出掛けても
帰ってから家事が忙しくなるなーと思うとあんまりゆっくりできないですね。

ただしフランス人の方は
「日本人は短時間に休むのが上手」
と書いています。
マッサージ、温泉などはその現れではないか、と。

まぁ、日本人的にちょこちょこ休むのがいいのか
フランス人みたいにガッツリ休むのがいいのか
どっちがいいのか分かりませんが、
個人的には中途半端な山の日とか海の日、プレミアムフライデーなんかはいらんから、
そろそろガッツリ休む文化も容認されて欲しいなぁとか思います。
働き方改革、ていうけど
祝日要らないからこういうご褒美的な長期休暇を取る、
という働き方も出来てくるのかなぁ。
(それでも選ぶ人少ないかなぁ)

てなわけで私もしばらくは夏休みモードでいきたいなと思います。

今回はこの辺で。
posted by Amago at 20:31| Comment(0) | 人生 | 更新情報をチェックする