2017年08月14日

ホウセンカが折れた!

ホウセンカが折れた!

先日の台風5号で、
上の子が学校から持ってきたホウセンカが倒されてしまいました。
風が強くなる前に玄関に入れとけば良かったんですが、
気づいたらヘアピンのようにぐねっと曲がっており…

しかもそのあと、宿題の観察日記のために無理矢理伸ばしたためか
曲がって弱くなった所がボキッと折れていました。
「触らんとき!」
と言ったんですが、間に合わず。

園芸好きな義母さんに聞いたところ
「手が要るんちゃう?」
そこで支柱を添えて、紐で縛りましたが、子供は涙目。

そりゃそうだよね、休み時間も熱心に水をあげてたそうです。
懸命に育てていたのに…

「まぁ紐で縛ったし、これで様子見しよう」
とは言ったものの、子供は涙が止まらない。
取り合えず、もう触らず数日様子見。
しかし最初の1日は持ち直したものの、
やはり折れたところは再生不能な感じでした。

なんか対策ないかなぁと思って調べてみたんですが
けっこう同じ目に遭う子は多いみたいね。

一番役立ったのはここでした。
http://log.engeisoudan.com/lng/201508/15080018.html

結論から言いますと
折れたところは諦めて切ってしまい
その先っちょを土に挿してやれば、根っこが生えてきて再生するそうです。

切った先の方は
葉っぱが付きすぎていると蒸散してしおれてしまうので、
下の方の茎についている葉っぱは取り
そのあと水に浸けておく。
元気になったところで土に植えるといいそうです。

しかしうちの場合、
しばらく様子見していたら
脇芽が横からくいっと曲がって上に伸びてきて、元気に花を咲かせていました。
脇芽くんは、次は俺の時代だと言わんばかりに急激に伸びた。
なんとまぁ元気なこと。
生命力に感動してしまった。

そして折れた部分は、
子供に確認を取ってから切ってしまい
下の方の葉っぱをある程度取ってバケツに浸けておいたら、
残っている葉っぱも花もピンとしてきました。
しかもまだまだつぼみから花が咲いている。

元気になってきたので
義母さんに聞いたら
「プランターでも地面でもどっちでもええけど、水やりが楽なんは地面やな」

しかし義母さんは畑を作っているので、どこに植えていいもんか分からんし
子供には
「ばーちゃんと一緒に植えて」
と言ってあとは任せることにした。
色んなサイトによれば半月くらいすれば根付くそうですが、
果たしてどうなることやら…

このホウセンカ、私の子供時代から教科書で使われている気がしますが
それだけ生命力が強いんですね。

子供は観察日記に
「台風5号のぼう風で折れた」
とかしっかり書いてました。
絵にもリアルに描写してあった(笑)

だんなは
「うまくいかんかったら、そんだけ書くことあるやん。
 実験なんて上手いこといかんことの方が多いで」
とコメントしていましたよ。

まぁなんとかめでたしめでたしになりそうで良かったです。
あとはこれをまた学校に持っていかねばならない、
という難題がありますが…
(種取りをするのでまた持っていかないといけない)
脇芽を折らないように気を付けよう。

ちなみに世の中には、
根元からボキッとやっちゃった、という子もいるみたいです。
でも観察日記はそういう結果として書けばいいんだし、
悔しいかもしれないけど、
時間さえかければ再生はできるので大丈夫ですよ。

植物の生命力を感じました…

というわけで今回はこの辺で。続きを読む
posted by Amago at 16:01| Comment(0) | 科学 | 更新情報をチェックする