2017年03月14日

義父さんのグサッときた一言。

昨日の夕方から、なんとなく体調も回復傾向になりました。
少なくとも寝てないとしんどいという状態ではなくなった。
お腹はあまり空かないが、
ムカムカはなくなったから、なんとか食べられる。
あとはお腹ゴロゴロが気になるかなあ
(やはり胃腸風邪だったのだろうか…)

まあそれはさておき、
今日は朝からいろいろあったので、
それを書いてみたいと思います。

我が家では最近、
朝ごはんを義父母さんと下の子が一緒に食べています。
下の子が食べ終わったら上着などを着て、
私と一緒に出ていくのですが
その準備をしようと思って私が荷物を持って行ったとたん
義父さんに
「ほーら、ホコリの元が来た」
と言われてしまいました。

なんかその一言がグサッと来ました。

今思えば、ここ最近体調悪かったのも影響していたのかも…
まだちょっとしんどいんですけど
昨日、おとといと寝ていると
「病院行け」
「子供のために早く治せ」
みたいなことを言われてしまう。

まあじじばばからすりゃ、孫が心配なんだろうけど
こっちとしては、そんなん言われたらゆっくり寝てられない。
(二人が出かけてるときには寝てたけど)
っていうか私は結局養育係でしかないのか?
病気の嫁はお荷物なのか?
という気にすらなっていました。

そのうえでの一言だったので
「私はお荷物なのか!」
という気持ちが先に立って、
かなりブチ切れてしまい。
「お母さんはそっちに行ったらあかんみたいだから、
おばあちゃんに用意してもらって」
と子供に言い、
義父さんには
「どうせ私はゴミですから!」
と言って外で待っていました。

そのあと子供と歩いて園に行ったのですけど
道中マスクの中で涙が流れて止まらなかった。
子供には申し訳なかったけど
あんまり会話もできませんでした。

子供を送った後になったらよけい泣けてきて
工事現場の近くを通ったから
「もうイヤダアア!!」
と叫んでいました。

帰りたくもなかったけど
家事もあったから帰りました。
ホコリと言われたから
義父さんの近くでは、普段やらない箇所まで丁寧にホコリ拭きしてやりました(笑)

でそのあと義母さんに
「ホコリって言われたことある?」
と聞いたら
「あれはじいさんの言い方が悪かった、私もあの後じいさんに怒った」
と言っていました。
孫の前だし、そんな言い方したらあかん、と怒ってくれたそうだ。

義父さんは花粉症なので
この時期、ホコリにはとても敏感で
着替えなどをすると
「ホコリが飛ぶ」と言って嫌がるらしい。

私もそれは知っていたけど
いくらなんでも、人を「ホコリの元」というのは言い過ぎだろう。

たぶん、孫にはそんな言い方はしない。
たぶんだんなにもそんな風には言わない。
んー、義母さんは奥さんだから言うかも(冗談で)
でも嫁もたぶん「それぐらい言ってもいい」ぐらいの位置づけなんだろうね。
まあ、これは義父さんに限ったことではなく
団塊世代以上の男性なら、
たいがいそんなもんであるような気がする。

もちろん私に謝ることもあり得ない。
旦那に訴えても「じーさんが謝るわけないやろ」とあきらめ顔。

でも私はなんかそれが許せない。
なんで嫁には人権を認めないんだ?ぐらいの勢い。
今までのどんな発言を聞いていても
「嫁にはこれくらい言ってもいい」
「これくらいの扱いしたって構わない」
みたいな気持ちがベースにあるような気がしてならない。
あの世代の人たちの男尊女卑って、いったい何なんでしょうね?
(すべての人がそうってわけじゃないだろうけど)

うちの場合、義母さんは妻だから一応対等な立場だろう。
(まあ、あの世代の夫婦は完全に対等ではないかもしれないが)
だんなも息子だから尊重はされるだろう。
私の子供も孫だから大事にはされるだろう。

でも私の場合、嫁だから、
誤解を恐れず言えば、義父さん的には、いる必要がないというか…
孫の養育、家事係(お手伝いさん?)的な位置づけっていうか。
そのせいで、どうしても一段下に見られてるような気がしてしまうのよね。

まあでも、私の方にも
「この人には一段下に見られてる」
みたいな思い込みとか、コンプレックスがあるのかもしれない、とも思う。
だから、いろんな発言を、そういう風にとらえてしまうのかもしれない。

もちろん、世の中には
義父さんとすごーく相性が良く、
息子以上に仲が良くなる嫁もいるんですけど
(私の母の妹さんがそうだった。
あと、義母さんのお姉さんもそうだった)
残念ながら、うちはそうなりそうにないです…

だからこそ、うちの場合は、
少なくとも私の方からは
「どうせ私は一段下だから」
「どうせ私はこの家には必要とされてないから」
みたいな、自己卑下的な考えや思い込みは
無くしていこうかな、
自分に誇り(ホコリじゃなくてね)は持っていこうかな。
と思った次第です。

何言われても
「ああこの人はこういう考え方なのね、
 でも私は私だもの」
という境地に至りたい。

まあ、義母さんも私の気持ちはわかってくれていそうなので、
その辺はありがたく思います。

なんかモヤモヤはしますが、
他人は変えられないのでどうこう考えてもしゃーない。
前向きに行こうと思います。

というわけで、今回はこの辺で。


posted by Amago at 10:43| Comment(0) | 人生 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください