2017年03月13日

つわりのような症状

休日の間パソコンが使えなかったので、
休み明けにこのブログを書こうと思っていたのですが
昨日からよくわからない頭痛と吐き気に襲われ、
夕食の支度も途中からギブアップ。
義母さんにあとはお願いしてひたすら寝てました。

週末下の子が熱出してたので
それがうつったかと思われたようで
義父さんには体温測っとけと言われました
風邪っぽくはなかったんだがなあ。

お昼を食べすぎたせいかなと軽く思っていたので
朝起きたら回復するだろう…と思いきや
朝起きても気持ち悪い。

なんつうか、つわりみたいなんです。
片頭痛みたいな頭痛とよくわからん吐き気。
ネギとかきついにおいを嗅ぐとダメ。
みそ汁のにおいもダメ。
おじや作ったけど、半分もいらなかった。
食べたいのに食べられない。
食べるのが好きな私にとっては辛い。。

一応ネットを検索したら
つわりみたいな症状は
胃腸炎とか生理前の症状とか、あと更年期などでみられるそうです。
胃腸炎ならそろそろ治ってそうだし、
更年期はまだ早い気が…
(でも最近若い人でも更年期あるっていうしなあ)
生理前はたしかにそうだけど。。

なんか病院にも行く気力もないし
今日も朝から家事と子供の送り出しだけやったら
あとは寝てました。

ちょっと回復したようなしないような…
しかしあんまり食欲がない。
はよおいしいもん食べたいのに。

というわけでこのブログもちょっと休憩します。
しんどい~

それでは。




posted by Amago at 12:19| Comment(0) | 人生 | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

占いの話。(空亡の過ごし方など)

占いの話。(空亡の過ごし方など)

 最近占いに行ってきました。
 なんか自分の中でモヤモヤしてまして…
 あんまり普段占いって見ないのですが
 時々どうしてもみてもらいたくなる時があり…。

 こう言うときはだいたい何かある(だんなと出会う前もそうだった)
 直感に従って行くことにしました。

 と言っても東京とか都会みたいに占い屋さんがゴロゴロあるわけでもなく、
 ネットで探したら、
 四柱推命がメインの所がありました。
 私はあんまりジャンルにはこだわらないので何でもいい。
 取り合えず電話したら年配の女性みたいで、
 商売は上手そうだがガツガツはしていない感じ、
 何となく腹がすわっていそうな方なので行ってみた。

 最初はアシスタントらしきおじいさんが対応してくれて、
 基本的な生年月日などを書いたらパソコンで命式表みたいな資料を作るみたいでした。

 四柱推命は初めてだったんですが、
 生年月日から、基本的な性格や運勢と、
 運気の流れを割り出すようです。
 運気の流れは
 1年ごとに干支を当てはめて12年で1サイクルの周期(年運)
 10年ごとに干支を当てはめて120年で1サイクルの周期(大運)
 月ごとで12ヶ月で1サイクル(月運)など、
 色んなサイクルで見るらしい。
 この辺はシステムが確立しているので、占星術と同じくパソコンで出せるのだろう。
 時間短縮になるし、便利な世の中になったものだ。

 さてそのあとそれを読んでくれる占い師は年配(というかおばあちゃん?)の女性で、
 予想通りしっかりしてそうな方でした。

 さて聞きたかったのは主に仕事。
 いつから仕事しようか、するならガッツリか片手間か、分野はどれか、そもそも仕事しないって選択肢もありなのか…
 「いずれ働くとしても子供もいるし、
  だんなの親の介護もあるかもしれないので迷っている」
 という話をしました。

 そしたら、
 年運で見ると、
 今年は色々迷う運勢。なにかをやりたくなる。
 来年と再来年は「空亡」。
 何をやっても空回りするので、
 なんかやりたいかもしれないけど動かない方がいい、
 動いても長続きはしない、
 するとしても短期勝負で、と言われました。

 そのあと、性格とか能力など、基本的な情報を教えてもらった。

 (ちなみにこの方、話しながら
 「30分コースでいい?」と時間と料金を聞いてきた。
 看板に出てるのは最安値の20分コースなのです。30分だともう少し値が上がります。
 さすが関西のおばちゃん、商売がうまい。

 私も若い頃からそのまま「はい」と頷いてたかもしれないが、
 すかさず「クーポンあるけど使えますか」と聞きました。
 (30分以上コースで予約だとネットクーポンがあるのです)
 値段にしたらたかだか500円ですが、こちらとしてはオバサン同士の真剣勝負だ(笑)

 相手は怯むことなく
 「30分でいい?」
 と再度聞いてきた。
 「はいそれでお願いします」

 このやり取りで、何となくこのおばちゃん信用できそうと思った。
 何て言うかな、精神論だけでなく現世的というか、地に足がついてそうに思ったのです)

 さて私の基本的な性格とかですが
 私は衣食住には困らない生まれらしい。
 また仕事の能力はあり、エネルギーは男性的。
 直感も優れているが、悪い直感も当たる。
 ちょっとしたことでウジウジ悩んでしまうのと、
 勝ち気で短気な所がある。
 なので仕事はできるけど
 人間関係でつまづく場合がある、とのこと。

 守護神も3人おられるそうで、
 食べるのには困らない、
 訴訟には巻き込まれにくい、
 仕事や学業面での助けもあるそうです。

 占いですから当たってるかはさておき
 (占いは何を言われても当たってる気がするものだ)、
 生活や能力は割と恵まれている生まれらしいのでありがたい、と思うことにした。
 人間関係には苦労するらしいから気を付けないと。

 「外に出て働くのは、最初は気分も変わっていいかもしれないのよ。
  あなたは仕事もできるとは思う、
  でもあなたの場合、人間関係でつまづきやすいから、いらっとすることも絶対出てくる。

  そういうときに多分当たるのが家族、一番行きやすいのが子供。
  子供はあなたの宝だからそれは良くないからね、
  だから気楽にできる仕事、時間とかではい帰ります、ってできるくらいの仕事がいい。

  今さらバリバリやりがい求めてもしょうがないでしょ、
  家庭もあるんだからバランス取れるようにした方がいいよ、
  多分行き詰まったとき子供にばーんと当たっちゃう」
 とはっきり言われました。

 うーん、たしかにそれが一番怖いのです。
 仕事が合えばいいけど、合わないとストレスたまって子供に当たりそう…と思うのでためらってます。

 ついでに言うと、大運で見ても今は停滞の時期で、あんまり思い通りにはいかない。
 55歳くらいから運気が上向くのだとか。遅い~

 あとこんな話もしてくださいました。
 口に+(プラス)と書くと叶う、
 口にプラスマイナスを書くと吐く、という字を書いて
 「あなたは他人にはっきり言うから、プラスのことを言えばいいけど、
  マイナスのことを言っちゃうとと毒を「吐く」ことになってしまう。
  でもそこを打ち消してプラスのことを言うようにしたらそれは叶う、のよ」
 というような話もされました。

 なので介護とか、まだご両親は元気なのに起きてないことは言わない、
 言ってしまうとほんとにそういうことを心配しなくてはいけないような事態になるわよ、
 (義両親が体調を崩すとか)
 それより
 「今ご両親元気で良かったわ」とか
 「今日はラッキーだったわ」
 ということを言うの、
 ほんとにそっちに行くから、
 と言われました。

 なるほど、いいことを言えばそちらにいく。
 「○○で良かった~」
 というクセを身に付けると運も回る。
 いい話を聞きました。

 そのほか、
 「あなたご両親がいるんだから子供四人いるようなものよ。
  そんな状態で無理しない方がいいよ、皺寄せは子供に行っちゃうから。
  生活に困ってないんだったらそんなに無理しない方がいい」
 とも言われました。

 たしかに家事多いのよ。
 最近洗濯物も増えたし…
 一応ちゃんとやらないと、悪気は無いんだろうけどチェックされる(汗)

 一応、
 「働かないで家にいるっていう手もあるんかなぁとも最近思うんすけど…」
 と言ったら
 「そりゃないわ、あなたはこれだけの星が出てるから多分家ではじっとしてられない」
 と即答されてしまった(笑)

 タロットも使ったが、こちらは周りの人との相性や、心理状態などを見るための補助的なものでした。
 やる気とエネルギーはあるから、短期で臨時職員とか派遣とかどうかと言われました。

 そして終わりがけにぼそっと言われたのが
 「多分ね、ご両親の介護が必要とかなっても、あなたの場合仕事が逃げ道になると思うのよね、
  仕事あるからちょっと…といってうまいこと遠慮していく方がいいと思う」

 私はここまで言ってなかったんですが、
 ぶっちゃけ私もそう思っていたのでさすがプロ、と思いました。

 しかし、こういうことは我が家で言ったら怒られます。
 仕事は逃げ道になるほど楽なものではない、
 仕事を家のことの逃げ道にするようなやつは、ろくな仕事ができない…とかね。

 でも仕事ってそんなに偉くて大変なことか?
 家のことの方がしがらみ多くてしんどいことの方が多い気がするのだけどね。
 仕事だったら、お金とかビジネスだけの関係、と割りきれたりする面はあるけど。
 そこを乗りきれたら素晴らしいじゃないか、と言えばそうなんだけど、
 家事、育児、義両親とのゴタゴタとかを経験してない人の理想論に思える。

 しかし、とは言え、介護とか、逃げたらあかんのだろうなぁとは思う。倫理的に言えば。

 しかし、現実問題、今の様子を見てると
 たぶん義両親も私も遠慮しあってしまうので
 私が家にいて専属で関わるよりは、
 息子であるだんなとか孫である子供とかにも関わってもらう方が
 (そしてその間の家計は私が補助する形の方が)
 スムーズではある気がするのよね。

 でも最後に
 「義両親のことはあんまり心配しないで、元気でありがたい、ラッキーと思ってたらそうなるから」
 と言われたのでしばらくは悩まないでおこうと思いました。


 さて帰ってから出してもらった命式表とか見ていたんですけど、
 年運で見たら来年、再来年は空亡なのは聞いたが、
 大運もよーく見たら35歳~55歳も空亡…
 現在空亡まっただ中ですね。
 人生の流れから見たら何となく納得。

 そもそも空亡って何だろう?と思って調べたが
 「空亡」は他の占いにも似たようなものがあるらしい。
 (天冲殺、とも言うらしい)
 色んな意見はありますが
 天からのエネルギーを受けられない時期(良くも悪くも)らしい。

 一応四柱推命でいうと
 時間を表す干支(12が1サイクル)と
 物質空間を表す十干(10が1サイクル)
 が重ならない空白、
 時間と空間がずれる時期なのだそうな。

 なので内面的な悩みなどが出てきたりするのだそうだ。
 人間関係も変わったり、仕事を首になることもあるとか。
 物質的に新しいことを始めても、
 天の助けを受けられないので空回りする。
 仕事、結婚などには向かないとされているのだそうだ。

 ただ、悪いエネルギーも受けないので、
 プラスの変化になる人もいるのだとか。
 ただし、この時期にプラスになっても空亡が終わったら終わる、とのこと。
 (空亡期間中はマイナスエネルギーから免れていたのが、期間が終わったらまた受けるということらしい。
 空亡期間中は、運気からフリーになっている、みたいなイメージかなぁ?)

 そういう特徴を受け入れて過ごすと自分の成長につながるそうです。

 具体的には、
 新しいことを始めるにしても、長続きはしないと腹をくくって短期勝負でする、
 他人に尽くす、ボランティア、低報酬でも経験と思う、

 あと物質面ではなく精神面を充実させるのはいいので
 自分の内面を磨く、勉強する…など。

 ただ、20年も空亡ってどうなのよと思ったのだが
 以下のサイトを読んでなるほどと思った。

http://www.urap.jp/contacts/free/2683/

 それによると、120年のうち20年が空亡なので、
 人によっては生涯で当たらない人もいる。
 青春時代とか、働き盛りに当たってしまう人もいる。
 (私みたいなパターン)

 しかしそこを受け入れて過ごせば充実して過ごせる。宿命の流れに沿った生き方を心がければ良い、とのこと。

 例えば幼少期に迎える人は親の離婚などにあうこともあるが、そこは受け入れる。
 2030代ならば家とか財産を残そうとせず、
 形として残らない資格、研究、勉学、精神の鍛練などを心がけると一生ものになる、とのこと。
 (年運の12年のうち2年は当たる空亡も同じ)

 4050代ならばできるだけ現状に逆らわず、宿命を受け入れる、
  60代70代ならば影響は少ないとのこと。

 何か実現したいことがあるなら空亡前に動き、
 空亡のときは流れに任せ、精神の充実に努めるといいのだそう。

 なので、私もこの20年は他人に尽くす
 勉強して自己の内面を充実して過ごす、
 そうすれば55歳以降花開くということかなと。
 それまでは子供や家族のために縁の下の力持ちになれということかなと思いました。

 ただ空亡のときは体調には注意した方がいいらしい。
 55からの20年間をハッピーに過ごすため
 ここで死んでたまるか、健康で長生きしてやる、とも思いました(笑)
 血管伸ばしとか腎臓もみとか、
 最近流行りの健康法してみようかしら(笑)

 まあ、でも空亡なんか当たらんという人もいるみたいです(基本占いだからね)
 それに、占いで言われなくても、
 なんかうまくいかんなぁ、というときは、
 あんまりジタバタせず流れに任せた方がいいかもね。

 そう言えば命式に水がないから補いなさいとも言われたな。

 まぁなかなかいいお話が聞けて面白かったです。
 というわけで流れに任せていくことにします。
 このブログも無報酬ではありますが
 どなたかのお役に立てるようなクオリティを目指しているつもりです。

 というわけでとりとめないですが、今回はこの辺で。
posted by Amago at 16:24| Comment(0) | 人生 | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

資格について

資格について

 先日、ハローワークの資格についてのセミナーに行ってきました。
 受ける前は
 「資格を取っても、中身が無いと意味ないよ」
 みたいな内容かなぁと思っていたけど
 割と参考になる内容でした。

 というわけで、印象に残ったことを書いてみたいと思います。

○世の中の資格の数
 日々新しい資格が生まれているので正確には分からないらしいが、
 国家資格で1000くらい
 民間資格で3500くらい
 と言われているらしい
 (○○ソムリエとか○○検定とか、
 役に立つのか分からんのを含めたらもっと多いかも)

 これだけ多いと、選ぶのが大変ですね…。

○需要が多い資格
 では実際に重要が多い資格はなにか?

 ハローワークの求人票には
「必要な資格」の欄がありますが
 講師の方が、ここ数週間の統計を取ってくださっていました。

 ざっくりなんですけど一番多いのは
 ・運転免許(普通、普通AT)

 その次は
 ・福祉系(介護関係(介護福祉士、ホームヘルパーなど)、保育士)
 ・医療系(臨床検査技師、薬剤師、登録販売員、看護師、歯科技工士など)
 ・大型中型運転免許、フォークリフト
 ・美容師、トリマー、ネイリスト

 …など

 資格が求められやすいのは
 ・資格がないとできない仕事の場合(医者など)
 ・ある程度資格保有者を設置しないといけない(薬剤師など)場合

 が多いそうです。

 私はペーパードライバーなのですが、
 やはり運転は練習しておくべきだと思いました。

○需要が多いスキル
 次に、現在の世の中から求められる仕事について

 これは時代によって変わりますが、
 これからの世の中で求められるスキル、分野のキーワードとしては、
 以下のものがあるそうです。

 ・書類のデジタル化…パソコンスキル
 ・少子高齢化…福祉系
 ・高齢化…シニア向けの仕事
 ・観光産業…外国語関連
 ・物流、インフラ…ドライバー、整備点検
 ・システム管理…プログラミング、AI

 実際に、これもハローワークの求人票にある
 「必要な経験、スキル」の欄から統計を取ると

 ダントツに多いのが
 ・パソコンスキル
  一番需要が多いのはエクセル、ワードが使えること

  これもレベルがあって、
  「データ打ち込み、グラフ作成、関数をいじれる」
  くらいのレベルでいい場合と、
  「表の書式を変える、マクロ作成」
  など複雑な操作まで求められる場合がある

  また、イラストレーター、Photoshopなど
  デザイン系のソフトも触れるとなお有利だそうです。

  これらは、書類作成職務などの経験があれば一番良いのですが、
  それがない場合は資格(Microsoft検定とか)でスキルを示す手があるそうです。

 ちなみに私は論文作成などでワード、エクセル、Photoshopは使ったことはあるから、使えばなんとかなるかなとは思うけど
 エクセルも究めると大変なのよね…。

 ちなみに、求人でパソコン以外に重要が多かったスキルは
 ・福祉系の資格、仕事経験
 ・保育系の資格、保育経験
  (ベビーシッターでは、子育て経験てのもありました)
 ・児童、学校関係(図書ボランティア経験なんてのもあった)
 ・プログラミング、SE経験
 ・販売員、営業も経験があると有利

  主婦の人も、家事育児の経験でも役立つ仕事はありそうです。

 さて、他のキーワードも見てみます。

 ・少子高齢化…福祉系の資格
  これは介護系、医療系、保育系の資格があるようです。
  これらは学校に行ってある程度の課程を修了し、
  かつ試験を受けて受からないといけないことが多い

  なのでハードルは高いが、
  通信制もあるのでやる気のある人はチャレンジするのも手

 ちなみに私も福祉系は検討したことがあるのですが、
 これらはお金もかかるので、
 仕事してみて向いてなかったらどうしよう…と二の足を踏んでます。
 福祉系なら無資格でもできる仕事はあるらしい(もちろん資格ありよりは給料が安い)ので
 実際に働いてみて適性を見てから資格を取りに行く、
 という手はあるらしい

 ・シニア向け
  最近は「終活」が流行りだそうで
  終活アドバイザー、
  エンディングノートプランナー、
  などの資格が多く出ているのだそうな。

  これらは民間資格なので雇われて役に立つと言うより、
  自分で「終活アドバイザーです」と名乗って自営する人が多いらしい
  しかし、最近では葬儀やさんなどで、
  これらのアドバイザーを置くケースもあるのだとか。

  終活、てのが流行りなのは知りませんでした。
  ほかにも、身の回り整理とか、
  相続関係などお金管理とか、
  お墓の世話とか、
  その辺の需要も増えそうですね。

 ・観光、海外
  政府が観光に力を入れているので、
  外国人観光客向けの仕事も需要があるそうです。

  通訳であれば、最近では中国語のニーズも高いとか。
  通訳案内士、という国家資格もあるそうです。

  また、語学力だけでなく
  語学プラスアルファの何か
  (例えば城マニアとか、酒に詳しいとか)
  があるとより有利だそうな。

  理系の人なら、知識を生かして説明書や論文翻訳などの仕事もあると聞いたことがあります
  (ただし歩合制なので仕事環境は厳しい)

 ・物流、インフラ関係
  物流関係では人手が少ないらしい
  あと、道路などインフラ系の老朽化が進んでいるので、
  そこを修繕したりする人もニーズがあるのだそうだ。

  職業としてはドライバーとか、
  点検士、整備士など

 ・システム関連
  AI技術とか、コンピューターやインターネットの技術を取り入れる企業が増えているので

  プログラミングや、
  コンピューターのシステム管理能力があれば有利

○資格をどう生かすか、なぜ資格を取るのか
 講師の方は実際にハローワークでカウンセリングをされているのですが、
 よくある相談に
 「何の資格を取ればいいか?」
 があるそうです。

 しかし、
 「今でしたらこの資格がニーズがありますね」
と紹介しても
 「しんどそう」「興味ない」
 「他のないですか?」
 と言われるケースが多いのだとか。

 なので、まず
  自分の興味と適性
 を見極めるのが大事だそうです。

 また、
 「何になりたいか」ではなく
 「なぜこの仕事をしたいのか、何をやりたいか」
 を考えていくと仕事の選択肢が増える、とも。

 例えば医者になりたいと思っても、
 労力も時間もお金も要る。
 でもそこで「なぜ医者になりたいか」を考えると
 例えば人助けをしたいなら
 他の仕事で人助けをすることもできる。

 医療系ならもう少しハードルの低い仕事もあるし
 介護系、保育系の仕事でも
 販売とかのアドバイザーでも
 人助けはできる。

 仕事について、選択肢の幅が広くなるのだそうです。
 
 ・自分のできる仕事
 ・自分のやりたい仕事
 ・世の中から求められている仕事
 の三つの円を書いてみて
 そこが重なるところを見つけてみたらどうか、
 と話しておられました。

…セミナーはそんな感じだったんですけど、
最近のトレンドが分かって面白かったです。

あと、私は適性とかやりたいことを考えるのと同時に
ハローワークなどの求人を実際見てみるのも大事だなと逆に思いました。

資料としてハローワークの求人票の束を見ていたら
以外にやれそうな仕事とか、
こんな求人あるのかとか、
こんな能力にニーズがあるのか、とか
発見があって面白い。

まだ仕事は始めないにしても
時間があればハローワークも覗いてみようかなと思いました。
(派遣にも登録してあるので覗いてみようかな)

まぁ、でも取りあえずは車の運転だな。
今年も色々チャレンジしていきたいと思います。

というわけで、今回はこの辺で。



posted by Amago at 10:56| Comment(0) | 人生 | 更新情報をチェックする